• 臨湖スタッフブログ

    臨湖スタッフが見聞きしたことを、お伝えします!

  • 第4回湖北湖東政策セミナー

    10月6日(土)第4回湖北湖東政策セミナーが開催されました。
    今回は、朝日新聞大阪本社の大峯伸之氏をお迎えし
    「大阪維新の会の現状とこれから」をテーマにお話を伺いました。

    今何かと話題の大阪維新の会と橋下大阪市長。
    橋本氏について、大峯さんは、「既得権益を打破して
    世の中を変えてほしいとの期待がある一方、
    恣意的に権力を振るい少数者を無視し、思想信条の自由を
    軽視することへの不安を持つ有権者もいる。
    また、彼は、大きな価値観や思想・信条、国家の未来はあまり語らず、
    組織マネジメントや統治機構をよく口にする。
    彼は、独裁者と言うよりポピュリズムをうまく利用する」
    「大阪維新の会の躍進は、大阪病を克服して衰退した大阪を
    立て直して欲しいとの市民の期待が大きく、長らく失われてきた
    大阪の自主・自立、自治の精神を今後取り戻せるかが注目される。

    また、批判の多い職員基本条例や教育基本条例の影響は、
    制定から日が浅く定かではないが、公募区長や民間人校長は
    人気が高い一方、教員採用辞退者が13%、志願者も―10%の
    現状もあると解説され、最後に「国政での日本維新の会は、
    あまり期待できないが、地域主権改革や大阪の復権・再生には
    期待が持てる」と結論付けられました。

    受講者からも、ホットな話題であり、多くの質問があり意義深いセミナーとなりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    [RSS]
    [XML]