• 臨湖スタッフブログ

    臨湖スタッフが見聞きしたことを、お伝えします!

  • 第5回湖北湖東政策セミナー

    11月10日(土)第5回湖北湖東政策セミナーを開催しました。
    今回は、地域包括ケアセンターいぶきの畑野秀樹センター長(医師)をお迎えし「在宅看取りシステムはなぜ必要か」についてお話を伺いました。

    団塊の世代は、10年弱で75歳を迎えます。施設やベッド数は少々増やしても全く足りません。病院で死にたくても死ねない時が迫っています。また、多くの高齢者は、住み慣れた地域や自宅で最期を迎えたいと思っています。施設不足を補い高齢者の願いを実現するためには質の高い在宅ケアが求められます。これを実践されているのがケアセンターいぶきであり、畑野医師です。

    センターのコンセプトは家族を犠牲にしない介護であり、「お嫁さんを働きに出そう」だそうです。そのために、24時間の訪問看護・介護及び医師の待機をされています。その結果、伊吹・山東地域の自宅での死亡率は約30%で、全国・滋賀県平均を大きく上回るとのことでした。また、センターの老健では、できるだけ早く自宅へ戻すことを目指しており、そのためリハビリに力をいれているとも話されました。最後に「在宅看取りは、命のリレーであり、家の中に、生・老・病・死のあることを子や孫が実感し、後の世代へ繋いでいくことがより良い社会を築いていくために必要だと思う」とのお話が印象的でした。畑野医師の取り組みが湖北や滋賀県全域に広がることを期待します。

    今回は、新聞記事を見て初めて参加された市民もおられ、質疑も途切れることなく、この課題に対する関心の高さが伺えました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    [RSS]
    [XML]